2005年10月05日

華麗に棄却

先日の靖国賠償訴訟、東京高裁、大阪高裁に続き高松高裁でも判決が出た。

靖国訴訟、高松高裁が控訴棄却…憲法判断には触れず 
小泉首相の3度にわたる靖国神社参拝を巡り、四国の戦没者遺族や宗教家ら73人と宗教法人2団体が「憲法の定める政教分離に違反し、精神的苦痛を受けた」として、国と小泉首相らを相手に、違憲確認や1人1万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が5日、高松高裁であった。

 水野武裁判長(紙浦健二裁判長代読)は「原告の信教の自由を直接侵害するものではない」として1審・松山地裁判決を支持、参拝の公務性や憲法判断には触れずに原告側の控訴を棄却した。原告側は上告する。

 小泉首相の靖国参拝を巡っては、先月30日の大阪高裁判決が、高裁として初めて違憲と判断しており、今回の判決が注目されていた。

 憲法判断について水野裁判長は「具体的な事件の解決のため、解釈が必要な場合にのみ憲法判断するのが違憲審査のあり方」と言及した。

 同様の集団訴訟は全国6地裁で7件起こされ、地裁、高裁の判決は今回で11例目。昨年4月の福岡地裁と先月30日の大阪高裁判決のみが参拝は違憲と判断している。(読売新聞)


また、勝つまでジャンケンの一万円裁判ですか?
棄却なら棄却で判決主文に不必要な憲法判断はつけたさない、不満があるなら上級審への控訴の道もある。
まー、これがスマートな判決のあり方じゃないかな。
せっかく裁判の結果が出たのに、朝日もTBSもスルーだよねえ。こういうメディアの対応は裁判当事者もバカにされているんだと気付かなきゃダメだよ。
要するに反日のコマにしか過ぎない。


ひとつ靖国の憲法問題に言うならば、厳密に言うと政教分離に違反しているかもしれないし、
政教分離を厳密にすることは限界があるし、あんまり意味を持たない。それは日本が宗教を持った国だから。
政教分離を原理的に適用しちゃうと、公務員は靖国参拝に限らずあらゆる冠婚葬祭何にも出来なくなっちゃうじゃん。逆に宗教者や信者は投票権を持ってはいけないことになる。
現実は創価に限らず、あらゆる宗教団体が票田になっている。

首相や政治家が戦没者を参拝することは義務であるし、世界的に見ても当たり前のことだし、本当は公的な行事でなくてはなんないのよ。

憲法の”ねじれ”については9条に対する自衛隊の存在が典型だと思うけど、もちろん独立国家が軍事組織を持つことは必要。呼び方は何でもいいけど。
かつての社会党や社民党、共産党、それに協力する自称市民団体の皆さん、極左グループなんかが一生懸命に自衛隊は違憲だという事をアピールしてきたお陰「なんだそんなにクレーム入れられるんだったら自衛隊員も立場が曖昧なのも可哀想だし、憲法条文でも自衛隊を合憲とはっきりしとこうか」って流れが出来てくるのも当然だと思う。
サヨクが力もないのに下手に突っついてるから、憲法改正されるんじゃないのーw

靖国参拝問題も同様でうっとおしい一万円裁判を続ければ続けるほど政権はこの問題を憲法改正で明確化してくる流れが出来てくると思う。
別にそれがいいとは思わないけどね。韓国、支那工作員や憲法原理主義者が反日のネタに靖国を利用し続けるならば、それも仕方ないんじゃないかな。

因みに無宗教施設にも反対ね。税金かかるし。
無宗教の施設に魂が宿ると思うかね。






司法のしゃべりすぎ
4106101033井上 薫

新潮社 2005-02
売り上げランキング : 100,277
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログ・HPをgoogleアドセンスに登録するだけでお小遣いが貯まる。
posted by 武悪堂 at 11:01 | Comment(7) | TrackBack(2) | 日記
この記事へのコメント
政教分離を厳格に適用して慰霊も鎮魂も禁止。私学助成金にももちろん適用で引っかかるとこは助成金完全撤廃。ってな話を閣僚クラスなら誰でもいいからぶち上げて議論喚起をしていただきたい。
参拝違憲派を議論の場に引きずり出してとっととケリつけて欲しいです(苦笑。
Posted by 藤塚 at 2005年10月06日 05:53
ナナメの字は読みにくいのでまっすぐして欲しい(笑)
Posted by worldwalker at 2005年10月06日 09:22
こんなこといつまで続けるのかねえ、この国は。
いいかげん根本から考えないといけないな。あたりまえのことがあたりまえでないのがいちばんの問題だ。
Posted by worldwalker at 2005年10月06日 09:25
コメントサンクスです。
>>worldwalkerさま
やっぱ、ななめって見難いかー。
引用なんで違いつけてみようと思ったんだけど。
色つけてみる。
Posted by 武悪堂 at 2005年10月07日 23:38
とっても、見やすくなった。GJ!
Posted by worldwalker at 2005年10月08日 00:16
魂と言った問題でないのとちゃうか
外国からの賓客の儀礼体裁格好国家としての尊厳
無神論者と言えども細木数子を信ずる者まで
鰯の頭も信心から...と言うのもあるし
魂と言わずに大儀と言ったらどうでしょうか
そこから鎮魂の考えも生まれるようにも想われるが
Posted by へー at 2005年10月09日 05:24
大儀?大義だと解釈してお答えすると、
私は墓参りにはお墓に魂が宿っているとなんとなく信じているんで墓参りに行きます。
靖国神社に参拝するほとんどの人が靖国神社に戦没者の魂が宿っていると信じているから参拝するのだろうと思います。
魂なんてあるわけないじゃんという人は別にお墓参りも靖国参拝もしなくていいわけ。
そもそも靖国神社は神社の形式はとっているけど、教祖や信者がいるわけでも無く果たして宗教と言えるのかが疑問。
大義なんていう仰々しい言葉を使うと政治的過ぎると感じますね。小泉首相も中共も靖国神社を政治的カードとして利用しているのはその大義という部分だと思います。
大義というのを強調するから問題化され突っつかれる原因となっている。
無宗教施設に大義はあるのかもしれないが、個人的には魂は宿っていないと思いますね。
靖国神社は皇室のように政治的に利用されない政治に介入しない聖域のような存在になってほしいですね。
Posted by 武悪堂 at 2005年10月09日 15:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

靖国代替?そんなもの意味なし
Excerpt: 靖國神社の代替施設など、何を笑わせるようなことを。 靖国代替「機熟さず」 調査費計上先送り 年末判断 公明はあきらめ顔  靖国神社に代わる新たな国立、無宗教の戦没者追悼施設の建設に関する調査費の扱い..
Weblog: Titovの憂鬱
Tracked: 2005-10-17 20:33

靖国問題を考える(2)
Excerpt: どうせまたそのうち行くんだろうなぁ??と思ってましたが、やはり行きましたね。小泉首
Weblog: Johnny style!
Tracked: 2005-10-27 17:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。