2005年07月24日

おいおい、全部間違ってんじゃないよねぇ。

仕事と遊びで忙しくって、更新できなかったけど、ぼちぼち再開します。よかったらまた見てください。
英国テロ事件、第2のテロ未遂も起きたりで、まさにロンドンは戦場状態(´Д⊂アチャー
射殺男性は爆破事件とは無関係=ロンドン警視庁  
ロンドン 23日 ロイター] ロンドン警視庁は23日、地下鉄ストックウェル駅で警官が射殺した男性は、21日の爆破事件とは無関係であったことを認めた。
 男性はブラジル人の電気技師で、3年前からロンドンに住んでいた。
 22日、この男性が地下鉄に乗り込もうとしていたとき、私服警官の制止を振り切ったため、爆弾を携行している可能性があるとみて、警官が頭部に向けて5発を発砲した。
 ロンドン警視庁は、「男性が21日の爆破事件と無関係であることがはっきりした。あのような状況で命を落とすことになったことは悲劇であり、遺憾である」と表明した。


間違いで殺された人.jpg
間違いで射殺された人

ま、事後に指摘するのも何なんだけど、これ多分関係ないだろうなーって、直感的に疑ってたんだよね。て言うか、エジプトに逃亡した首謀者と言われる人物すら間違いでしたって認めてるし┐(´-`)┌
ほんと、4人のパキスタン系英国人と言われているが、これもなんだか恣意的要素が強いねー。爆弾はこの人たちが作ったらしいけど、タイマーは騙されたという説もある。一体どういうこと?

逮捕者は英テロに「無関係」 エジプト

 19日付エジプト紙アルアハラムは、同国治安当局幹部の話として、ロンドン同時爆破テロへの関与が疑われ、カイロで逮捕されたエジプト人化学者マグディ・ナシャル容疑者について、英当局は同容疑者が事件に無関係だとの見方を強め、英捜査官をカイロに派遣しない方針だと伝えた。同容疑者は、実行犯の1人と知人であったことは認めたが、事件への関与は否定しているという。(カイロ 加納洋人)
(産経新聞)


パキスタン入国は人違いか 同姓同名の旅券と報道

 【イスラマバード22日共同】22日付のパキスタン紙ドーンは、7日のロンドン同時テロの実行犯の1人とされるハシブ・フセイン容疑者(18)がパキスタン入国時に示したとされるパスポートの写真が、同姓同名の少年(16)のものの可能性があり、入国の事実に疑いが出てきていると報じた。
 フセイン容疑者は昨年7月15日にパキスタン南部のカラチ空港から入国したとされ、英メディアなどは、パキスタンの出入国管理当局が記録した同容疑者名のパスポートの写真を掲載した。
 しかし同紙によると、同容疑者と同姓同名の少年が今月21日、パキスタンで放映された民放テレビの取材に、パスポートは自分のものだと証言。少年の父親も家族で昨年カラチを訪れたと話したという。
(共同通信)


ギャハハ(*≧д)ノシ彡☆MI6だかMI5だか知らないが、特定の国家スパイなんかには効果があると思うけど、テロには全く無効だったみたいだね。パキスタン当局なんか500人くらい容疑者で捕まえてる明らかに適当にしょっ引いただろw9.11のときもそうだったね。

結局、ワイワイ騒いだ挙句残されたのは、イスラム過激派アルカイダとの関係があるだろうと言う何の根拠も無い米英にとって都合の良いイメージだけ。
アルカイダって、ますます全ての巨悪を一身に背負った悪魔の組織、もしくは世界征服を狙う国際テロ集団のイメージが強くなってるな。もうテロの代名詞、テロが起きたらとりあえずアルカイダのせい、米英には責任は無いアルカイダを憎めってところになってんのが怖いねぇ。

誰に訴えてるの?.jpg
で、この人たちは誰にテロ反対を訴えているのだろうか?

ブログ・HPをgoogleアドセンスに登録するだけでお小遣いが貯まる。
posted by 武悪堂 at 02:01 | Comment(7) | TrackBack(11) | 日記
この記事へのコメント
英国人はアジア人の命をなんとも思ってないのかねえ。
Posted by worldwalker at 2005年07月26日 02:33
初めまして、TBありがとうございます。テロを未然に防ぐためには、「疑わしきは罰する」というスタンスだけでいいのかどうか。その結果、また新たなテロの火種が作られるような気もするのですが・・・。
Posted by MO at 2005年07月26日 08:34
始めまして。トラバありがとうございます。
この頃の悲惨な出来事を見ていると、行き着くところは「人類の破滅」さえ感じますが、「殺し合い」はそろそろやめにして、対話による解決を望みたいものです。
Posted by 北の旅人 at 2005年07月26日 11:53
コメントありがとうございます。
こうしてみると、今の日本って疑わしい奴が平気でどんどんしょっ引かれない数少ない国だと思いますね。さすが人権大国ニッポン!!
密入国外国人にさえ公民権を与えてあげようってんだから太っ腹だよ。
Posted by 武悪堂 at 2005年07月29日 01:53
>北の旅人様
国家とか国境、宗教、貧富、貨幣など今のシステムがある以上。少なくとも対話などで殺し合いはなくならないでしょうね。きっと。
Posted by 武悪堂 at 2005年07月29日 01:56
Posted by 楼主 at 2005年08月02日 10:11
 ザルカウィとかビンラディンなどテロリスト達が宗教的道義からテロをおこしているとはあまり思えない。むしろ殺しを楽しんでいる愉快犯に近い印象を受けます。
Posted by マー老 at 2005年08月06日 15:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

エジプト 同時テロ死者88人
Excerpt:  【シャルムエルシェイク=萩文明】エジプト東部の紅海に面したリゾート地シャルムエルシェイクで二十三日に起きた同時爆弾テロで、病院当局者は死者が八十八人、負傷者は約二百人に上ったことを明らかにした。死者..
Weblog: 転職支援 ふゆう倶楽部
Tracked: 2005-07-25 05:38

ん〜〜、走って逃げたからかなぁ@ロンドン誤射事件
Excerpt: <ロンドン同時テロ>誤認射殺、ブラジル政府に衝撃 ロンドン警視庁は23日、21日のテロ事件に絡み誤って射殺された男性がブラジル人電気技師(27)だと発表した。同庁は謝罪したものの、自爆テロ犯を射殺する..
Weblog: Here There and Everywhere
Tracked: 2005-07-25 16:42

英テロ誤射事件、死亡男性は27歳ブラジル人
Excerpt:  英警察当局は23日、ロンドン南部の地下鉄駅でテロ事件を捜査していた私服警官によって射殺された男性の身元について、「27歳のブラジル人男性」であることを明らかにした。英警察は、この男性が21日にロンド..
Weblog: にゅーずわーくす
Tracked: 2005-07-26 07:03

射殺男性は爆破事件とは無関係
Excerpt: Link ::: 射殺男性は爆破事件とは無関係=ロンドン警視庁あぁ・・・
Weblog: Dorothy of Magical
Tracked: 2005-07-26 09:16

対テロで小口送金規制 金融庁、来年末実施へ
Excerpt:  金融庁は23日、国際テロ組織などに資金が流れるのを防ぐため、送金の利用者の本人確認を金融機関に義務付ける基準額について、現在の200万円超から、10万−15万円程度に大幅に引き下げる方針を固めた。免..
Weblog: 転職支援 ふゆう倶楽部
Tracked: 2005-07-26 13:05

テロ連発
Excerpt: 最近相次いで、テロが行われています。 日本のニュース的なコメントをすると、「被害者の中に日本人はいませんでした。」よかったよかったで終わってしまうが、自分が行った所となるとやっぱりまた違う。 前回..
Weblog: 新・店長のぼやき
Tracked: 2005-07-27 17:35

テロに対する考察
Excerpt: エジプトの紅海沿いの高級リゾート地、シャルムエルシェイクで起きた爆弾テロは、死者83人、負傷者約200人となっている。1997年のルクソール神殿での銃乱射事件を抜く、エジプト最悪のテロ事件となった。ロ..
Weblog: Tagebuch(たーげぶーふ)
Tracked: 2005-07-27 17:47

英テロ誤射殺、被害者はブラジル人男性
Excerpt: 偶然が重なった事故... と片付けてしまって良いものか 銃を向けたのは私服警察官
Weblog: Amigos de ITOKEN
Tracked: 2005-07-27 21:48

テロはもう止められない
Excerpt: ご声援ありがとうございます。 人気ブログランキング、みなさんのおかげで只今32位降下中です(苦笑)。 来たからには絶対クリックしてってね。投票お願いっ! 人気ブログランキング参加中
Weblog: おフランスざんす
Tracked: 2005-07-28 06:53

お知らせ
Excerpt: ryuenn氏 作の新作小説を近日掲載予定!乞う御期待!ロンドンで警察に射殺された男は実はテロとは無関係らしい・・・。この男もある意味テロの被害者だよな。不敏・・・。
Weblog: ナゾのブログ
Tracked: 2005-08-01 16:31

daily news 日々の出来事
Excerpt: 7月 ・シャルム・アル=シェイフのテロ事件。イスラエル人で溢れるカジノが狙われなかった、エジプシャンの被害者が多数、などの背景から、エジプト経済にダメージを与えるべくして起こされたユダヤ陰謀説が地元..
Weblog: 「中東にて」 菊池絵美 in the Middle Ea...
Tracked: 2005-08-07 17:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。