2005年07月13日

買ってはいけない

ビールがおいしい季節だねえ。

支那の化学兵器ばりの食品製造管理は結構歴史のあるものだし、改善されているとの意見もあるが、どうやらそんなことを彼らに期待することは野暮と言うことらしい。


ビールのホルムアルデヒド添加、新規則でも禁止せず

  一部の中国メディアが、「中国産ビールの95%に人体に有害な化学物質であるホルムアルデヒドが含まれている」と報道。これについて11日、日本の厚生労働省は輸入業者に対して、中国ビールメーカーに事実確認を行うよう通達、韓国当局は緊急回収を行う方針を示すなど、各国に波紋が広がっている。

  中国のビールメーカーでは、ポリフェノールが沈殿して見た目が悪くならないように生産の途中でホルムアルデヒドを加えることが慣例的に行われてきたという。ただし、青島ビール、華潤ビール、燕京ビールの中国三大ビールメーカーは、「報道は真実ではない」「ホルムアルデヒドの使用はずいぶん前に取りやめた」「生産過程でホルムアルデヒドが発生するということと生産途中で加えるということは別の話」などと反発している。

  12日には、「1月に公布済みで10月に施行される新しい国家規則では、ビールへのホルムアルデヒド添加は禁止される」との報道もあった。しかし13日付の華夏時報は、「国家品質監督検験検疫総局によれば、この新規則では含有量を規制するものの、添加の禁止はされない」と報じている。

 華夏時報によれば、ビールへのホルムアルデヒド添加問題については中国国内で数年前から議論が重ねられてきたが、「少量では人体に害を与えることはない」との考えや、「海外でも同様の添加が行われている」という情報から、即時禁止はしないとの結論に達したもようだ。

 新規則では、紹興酒を含む黄酒やワイン、果実酒には、ホルムアルデヒドの含有は認められないことになっている。


中国輸入食品の報道についてまとめられたサイト
中国野菜残留農薬事件
http://home.att.ne.jp/sea/tkn/Issues/FushojiResponses-ChineseVegitables.htm

支那野菜は前々から毒菜として近隣諸国に恐れられているそうだ。

毒菜祭りだワッショイワッショイ!!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ毒菜ワッショイ毒菜ワッショイ!!

支那で農業をされている方の実体験
おもしろすぎるぜ 中国で農業

中国では、このような農薬中毒が後を絶たない。
それは、農薬を使う農民への指導、適切な農薬の管理・・・がおくれている。

時折おこる、農薬の希釈倍率の間違いなどによります。
実際委託先の農場では、最初の段階ですが、農薬の倍率を間違え、
全部枯らしてしまうと言う事件も起こった・・・

中国に来ても、やはり農薬散布のノズルの穴が大きすぎた。
さっそく、沖縄から、ノズルの小さい物を買って、使うようにした・・・
しかし、担当者は、当初 あまりにも霧状なので、農薬をかけた気がしないと
いっていた。農薬水浸しになるのが、どうも、かけた気がするらしい。


支那の農民は農薬で自爆しているみたいですよ。 (ノ∀`)アチャー


ビールは国産か独産に限る!!

考えよう!輸入野菜と中国農業―変貌する中国農業と残留農薬問題の波紋
4755611733大島 一二

芦書房 2003-10
売り上げランキング : 1,540,872

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人気ブログランキング.png
ポちっとご協力お願いします
ブログ・HPをgoogleアドセンスに登録するだけでお小遣いが貯まる。
posted by 武悪堂 at 02:10 | Comment(4) | TrackBack(1) | 支那
この記事へのコメント
中国ビール3大手、ホルムアルデヒド添加を否定、が疑惑は深まる。
http://ameblo.jp/worldwalker/day-20050714.html
Posted by worldwalker at 2005年07月15日 06:09
勝手ながら、当blogからリンクさせていただきました。よろしくおねがいいたします。
Posted by worldwalker at 2005年07月20日 08:01
新刊発売 
「九評共産党」(共産党についての九つの論評)

全世界の華人を震撼させた本

共産党を全面的に崩壊させる本


本書は大紀元新聞グループの中国語連載社説『九評共産党』(共産党に対する九つの評論)の日本語翻訳版です。

数え切れない人々を殺害して来た外来の悪霊共産党について深く詳しく分析しています。世の人々が共産党の邪悪な暴力的な本質をはっきりと認識し、共産党に対して抱いている幻想から覚めることを期待します。そして、憎しみや闘争を拒否し、人を尊重し自然と調和のとれた和やかな中華文明を再建することを期待します。

この本によって、中国共産党と関連組織からの脱退を表明する中国人が 197万人(5月30日現在)となっています。

第二のベルリンの壁が崩壊し始まっています。

『九評共産党』

九評之一:共産党とは一体何物か
九評之二:中国共産党はどのようにでき上がったか
九評之三:中国共産党の暴政
九評之四:共産党が宇宙に反する
九評之五:法輪功への迫害における江沢民と中国共産党の相互利用
九評之六:中国共産党による民族文化の破壊
九評之七:中国共産党による殺人の歴史
九評之八:中国共産党の邪教的本質
九評之九:中国共産党の無頼の本性

ご注文:書名、冊数、お名前、ご住所を明記する上で、FAX或いはEメールのご注文可。

FAX:03-3368-3896   E-mail: order@hakudai.jp

定価:1500円(税込み)

配送料:実費ご負担いただきます。

お取り扱いは代引きとなります。

 
Posted by 九評共産党 at 2005年07月20日 17:19
トラックバックありがとうございます。中国野菜と農薬問題は気になっていて微妙に敬遠してたんですが、やはりビールも例外じゃなかったんですね。原料を考えれば言うまでもなく…ということなのでしょうが。
Posted by niemand at 2005年08月03日 18:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5092723
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

日中友好のために その4
Excerpt: 日本と中国の友好関係を築く上で、必要だと思われるのは、本当に それぞれの国を理解する事だと思います。 日中の相互理解を妨げているものがあります。 それは、本当の意味と乖離して、一人歩きしている言..
Weblog: 諸葛川
Tracked: 2005-07-18 21:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。