2005年05月25日

残念!!カンジチョ後ろから袈裟斬りっ!!

「靖国内政干渉」発言で世界にへたれっぷりをアピールした武部自民党幹事長
一番タチの悪い敵が自分の背後にいたようでした。
>  王氏は「いま何と言ったか。あなたは与党幹事長ではないか。まったく信じられない発言だ」と強く抗議。
> 同席した公明党の冬柴鉄三幹事長と自民党の二階俊博総務局長「今の(武部氏の)発言は適切ではない」と応じ、 武部氏は「誤解があったとすれば撤回します」と述べたという。

なるほどタケベがへたれって言うより国賊が2人監視していたのね(;´Д⊂) 

ttp://www.max.hi-ho.ne.jp/m-shinomiya/ron/2003/ron002.htm

『週刊新潮』によると、二階俊博氏の選挙区である和歌山県田辺市の新庄総合
公園というところに、江沢民の石碑なるものが、今年の三月末までに建設されるという。
さらにこの石碑建設を機に南紀白浜空港に支那からチャーター便を誘致する計画だ
という。そればかりでなく、二階氏は、新東京國際空港公団、東京駅、青森県、福岡
県、大阪府などから「協力の申し出を頂いている」と言っている。つまり全國各地に反
日政治家の石碑を建設しようというのだ。

その石碑は支那の山東省の石で作られ、高さ四bという大きなもので、正式名称は
「日中國交正常化三十周年記念碑」と言い、江沢民が書いた「登高望遠睦隣友好」
という「書」と、江の「重要講話」とやらが支那語で刻まれるという。これは正気の沙汰で
はない。

 反日策謀を繰り返し、武力侵攻を唱えて台湾を恫喝している人間の石碑を、なにゆ
え、日本國内各地に建てなければならないのか。まさにアジアの平和を否定し國家の
独立と名誉を蹂躙する國賊的所業である。二階俊博は、自分の選挙の事前運動とし
て売國的所業を行なっているのだ。


冬柴公明党幹事長は
「日本には奈良県があるが、“ハンナラ”からの“ナラ”である。
日本の遺跡地には韓国の影響力を確認することができる」

と親近感を表した

ホントに日本の政治家?なにかに感染しちゃってるとしか思えないなw






banner_04.gif
ランキング投票ありがとうございます



ブログ・HPをgoogleアドセンスに登録するだけでお小遣いが貯まる。
posted by 武悪堂 at 02:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 支那
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3903420
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

日中関係についての識者の見解をつまみ食い
Excerpt: 5/23の加藤周一氏の「夕陽妄語」は、加藤氏が北京に滞在した際に感じた学生たちの赤裸々な対日感情を伝えている。 「今年の3月末に私は北京のある歴史家と話していた。場所は清華大学の構内、窓からは静かな..
Weblog: 不条理日記
Tracked: 2005-05-26 17:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。