2007年03月09日

不都合な真実

従軍慰安婦の不都合な真実が国民の前に晒されると必死になって全く根拠のない抗議が沸いてでてくるな。

山崎氏、首相発言に「弁解がましい」 慰安婦問題で

・自民党山崎派の山崎拓会長は8日の派閥総会で、安倍晋三首相が従軍慰安婦動員をめぐり「官憲が人さらいのように連れて行く『狭義の強制性』」を否定していることを念頭に、 「弁解がましいことは一切しない方がいい」と批判した。

山崎氏は「(日本に謝罪を求める決議案採択に向けた)米下院の動きは決して愉快でないが、従軍慰安婦なるもの(の存在)は事実だ。それが強制によるか、間接的な強制かの議論は実は弁解にすぎない」と強調。
「そういう議論をするより、われわれは(旧日本軍の関与を指摘した平成5年の)河野洋平官房長官談話を認めるべきだ」と
述べた。


自分自身がスカトロ趣味でうんこ喰うだの親子丼3Pだの中絶だの愛人を性奴隷のように扱っていたエロ拓議員にどうこう言われたくないしw

そんなに従軍慰安婦を認めたいなら自分自身が元愛人に謝罪、賠償をしろよw
福岡市民の皆さん次の選挙では落選させてくださいね。
ミンスは在日以外の候補者を立てろよ。

自民党の中川昭一政調会長は8日、従軍慰安婦問題を謝罪した1993年の河野洋平官房長官談話について「政治家は歴史判断をしてはいけないが、河野談話にはちょっと歴史判断が入っているような気がする。いかがなものか」と批判した。国会内で記者団の質問に答えた。


いわゆる従軍慰安婦問題に関する1993年の河野洋平官房長官談話の見直しを求める自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(会長=中山成彬・元文部科学相)の提言案が28日、判明した。

 政府に対し、「本人の意思に反する業者の強制連行はあったかもしれないが、軍や官憲による強制連行はなかった」との見解の表明を求めている。1日に正式決定し、首相官邸に申し入れる。

 元慰安婦への「お詫(わ)びと反省」を表明した河野談話は、旧日本軍や官憲の強制連行を認めたような記述となっている。提言案は「根拠は元慰安婦からの聞き取り調査だけで、証拠資料は見つかっていない」と指摘している。

 また、「従軍慰安婦」の呼称から「従軍」の削除を提唱。安倍首相が河野談話の「継承」を表明したため、談話の抜本的な書き換え要求は見送った。

 慰安婦問題を巡り、米下院に提出された対日非難決議案に関連し、「河野談話は日本のイメージを失墜させ、事実誤認や悪意に満ちた日本批判を招いている」として、日本政府の反論も訴えている。

(2007年3月1日3時7分 読売新聞)

自民党内では河野談話の修正、破棄の動きが進んでいるようだ。
安倍が批判の的になるんなら、党から提案されたという形でも議会で提案されたという形でもなんでもいい。
河野をはじめ当時の政府幹部が何の根拠もなく声明を出しましたと認めてるんだから。当然早いうちに破棄してもらいたい。
ちなみに中山成彬議員は拉致問題担当の中山恭子さんの旦那さんだね夫婦そろってGB!!

不都合な真実
w.jpg
ブログ・HPをgoogleアドセンスに登録するだけでお小遣いが貯まる。
posted by 武悪堂 at 02:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 朝鮮
この記事へのコメント
そもそも、アベちゃんが「河野談話を指示する」なんて言わなければ反日のアホ共に揚げ足を取られなかったのに。
Posted by アベちゃんしっかりしてよ at 2007年03月09日 19:12
確かに。ま、中韓訪問前のリップサービスのつもりだったんでしょ。
だったらお得意の曖昧戦術に出とけば良かったのに。
Posted by 武悪堂 at 2007年03月09日 19:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35528428
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。