2006年11月17日

朝日新聞記者 最初から腐っていた

ジャーナリスト宣言の朝日新聞。自社の談合ワイロ体質の闇に徹底的にメスを入れて下さいw



朝日新聞社説11月16日

和歌山知事 最初から腐っていた

 官製談合事件にかかわったとして、和歌山県の木村良樹知事が大阪地検特捜部に逮捕された。談合容疑で現職の知事が逮捕されるのは初めてのことだ。

 木村知事は再選された直後の04年11月に入札のあった下水道工事で、ゼネコンの共同企業体(JV)に受注させるよう談合した疑いが持たれている。そのJVに地元の建設会社を参入させるよう、自ら指示してもいた。

 当時、地元には知事の再選を阻む動きがあった。そうした動きをやめさせて票のとりまとめをし、自民党の推薦を得られるよう国会議員や県議に働きかけたのが建設会社の会長だった。

 すでに逮捕されている県の前出納長は、大阪地検の調べに対して談合のいきさつを詳しく語った。JV参入を指示した知事の意図についても、「知事選で支援してくれた見返り」と話している。

 木村知事は前出納長の起訴後に辞職を表明したものの、事件への関与については繰り返し否定してきた。しかし、知事をめぐる疑惑は談合にとどまらない。

 大阪地検の家宅捜索では、秘書課から多額の裏金が見つかった。問題の建設会社など地元企業から集めたもので、秘書課が管理していた。政治資金としての届け出がなく、ヤミ献金の疑いがある。

 選挙で支援された見返りは、入札での便宜だけだったのか。裏金を集めた経緯と使い道は何だったのか。大阪地検には徹底した解明を期待したい。

 自治官僚だった木村知事は「しがらみのない開かれた県政」を掲げ、00年に初当選した。県庁出身の知事が3代続いた後で、改革派として透明な入札制度を導入したと胸を張った。その裏で、1期目の就任直後から談合を主導していた。

 以前からの友人だというゴルフ場経営会社の元代表を前出納長に紹介し、業者選定の際には元代表の言うことを聞くよう指示した。県幹部らによる旧来の談合システムを排除するというのが理由だったが、内実は元代表を軸にした新たな官製談合に生まれ変わっただけだ。

 知事公舎からは元代表にもらった高級腕時計が押収されている。改革はまやかしだったとしか思えない。

 戦後、和歌山県の知事は木村知事で5人目で、うち2人は5期20年という長期政権だった。保守の地盤が強いうえ、県議会は共産党を除くオール与党の体制が長く続いている。こうした状況が、県政に対する県民の関心を薄れさせたのかも知れない。

 しかし、首長と建設業界のなれ合いで損害を被るのは納税者である県民だ。

 木村知事の辞職に伴う知事選で、自民党はすでに元官僚の推薦を決めている。自民、民主などは相乗りで木村知事を推薦した。その責任をどう考えるのだろう。民主党も独自候補を立てて、有権者に選択の機会を与えてもらいたい。

 県民の責任は重い。今度こそ本気で改革に挑む知事を選び、県政の行方をきびしく見守ることだ。



建設業者と朝日新聞記者との馴れ合いで損害をこうむるのは我々納税者ですよw

本社記者、餞別など受領 和歌山談合容疑者から15万円
2006年11月16日21時33分


 和歌山県発注工事をめぐる談合事件で大阪地検特捜部に逮捕されたゴルフ場経営会社元代表、井山義一容疑者(56)=所得税法違反容疑で再逮捕=から、朝日新聞大阪本社社会部の男性記者(41)が餞別(せんべつ)や出産祝いとして計15万円を受け取っていたことがわかった。

 社内調査によると、記者は井山容疑者と取材で知り合い、02年と04年の2回、井山容疑者が代表をつとめていたゴルフ場施設で、転勤祝いと子どもの出産祝いとして祝儀袋を渡された。固辞したものの押し切られたため、機会をみつけて返却するつもりで封を切らないまま、仕事用のかばんに入れて保管していた。 
「取材先の一人として、元代表との関係を維持したいと考え、返したいと強く言い出せなかった」と話している。

 餞別は封筒のへりの部分が擦り切れており、そこから本社で中身を確認したところ、10万円が入っていた。封筒の厚みから、記者は「数万円程度」と思い込んでいた。出産祝いの封筒は16日、弁護士立ち会いのもと一部を開封し、5万円と確認した。

 記者は、出張の際などに購入したワインや地酒、菓子折りなどを井山容疑者に贈っており、合計すると数万円になるとしている。

 記者は和歌山談合事件の取材には直接かかわっていなかった。

 朝日新聞社は16日付で、社会部員を取材現場からはずし、管理本部付とした。封筒は二つとも社内で保管しており、井山容疑者側に返す。

 〈松本正・朝日新聞社広報担当の話〉 社会通念を超える額の餞別やお祝いを受け取ったことは、取材先との適正な関係を逸脱しており、元代表が逮捕されたあともこのことを社に報告していませんでした。記者としてのモラルに反する行為であり、16日付で編集局から外しました。今後、厳しく処分します。


都合の良い時だけよく分からない言い訳を並べるのがアカヒクオリティ
サラ金武富士や創価学会からも資金提供されて提灯記事を書いているんだから、朝日新聞のジャーナリスト宣言が言葉のチカラではなくカネのチカラだっつーことはいまさらなんだけどw

支那政府からは幾らくらいカネと女の提供を受けてるんだろうかね?

朝日新聞が最初から腐っていたことは間違いないw

 ∧_∧
⊂(#・ω・)   また騙されたっ!!
 /   ノ∪
 し―-J |l| |
         人ペシッ!!
       ___
       \朝日新聞\  
          ̄ ̄ ̄
ブログ・HPをgoogleアドセンスに登録するだけでお小遣いが貯まる。
posted by 武悪堂 at 02:00 | Comment(5) | TrackBack(1) | 朝日・毎日新聞
この記事へのコメント
朝日だけじゃなくて、新聞社の経済部記者っていろんな会社から贈り物が届くらしいよ。だから、今回は談合の人からもらったからばれただけだと思うが。リクルート事件でも、読売と日経の幹部が未公開株もらって問題になったぐらいだし。
Posted by ああああああ at 2006年11月17日 08:26
つまりジャーナリストは腐っているってことですな。朝日新聞は言い訳が笑えるんだよね。
Posted by 武悪堂 at 2006年11月17日 22:11
朝日新聞にテポドン落ちろ。
Posted by worldwalker (・∀・) at 2006年11月17日 23:38
どうもお久しぶりです。

朝日に限らず日本で自分たちを声高に「自称・ジャーナリスト」だと言う連中は酷いのばかりです。
特に大組織(報道機関)に属する記者連中の「横柄」さには、何様かと思いますね。
一般人を完全に見下しています。
まあ役所や企業に行っても
「おれは○○の記者やで!取材に来てやったから責任者は出せや!」
と紋々ならぬ記者証を見せれば、普段は権威だかの役人・会社幹部も「もみ手に猫なで声」になりますから当たり前でしょうね。
しかし世界で「自称ジャーナリスト・記者」が威張りクサる社会は平和ボケ・サヨ天国の日本ぐらい。
他の国はロシアや中東諸国みたいに、政府や原理主義組織に楯突くと「暗殺」されるのを覚悟しなければならないような、「報道は命がけ」なんてとこはザラなのに自分たちの生命と賭けて使命を果たそうする彼らと、組織と肩書きをバックに「取材」して「金品」まで受け取る日本の記者連中は蛆虫以下ですね。
でも最近は幸い日本でもネットの普及によって「権力者気取りの偏向報道機関」にNOという動きが加速しています。
腐敗した連中ほど
「ごく当たり前の正義と理念を声高に叫ぶ」
と言いますが、どうやら朝日はその典型例のようです。
Posted by 竹島島民 at 2006年11月23日 11:17

2012秋.冬新作.chanel.VUITTON.GUCCI.MIUMIU.PRADA.財布專門店
┏バッグ
┏時計
┏財布
┏小物
●在庫情報随時更新!(*^-^*)
◆お客さんたちも大好評です:
◆新品種類がそろっています。
◆S/SS品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
◆品質がよい、価格が低い、実物写真!
◆当社の商品は絶対の自信が御座います。
◆100%品質保証 !
満足保障100%!
◆経営方針: 品質を重視、納期も厳守、信用第一!
◆超格安価格で、安心、迅速、確実、にお客様の手元にお届け致します。
豊富な品揃えで最新作も随時入荷致しておりますのでごゆっくりとご覧ください。
広大な客を歓迎してご光臨!
↓↓↓
★ URL: http://www.osaka-lv.com
★ 店長:近藤 酒井
★ 連絡先:sales@osaka-lv.com
Posted by ブランド 財布 コピー at 2012年03月21日 14:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

北朝鮮に限定したスパイ防止法の制定を急げ
Excerpt: 北朝鮮をターゲットとするスパイ防止法案だけでも制定を急ぐべきです。 経済制裁の切り札がないなら次は、スパイ防止法です。
Weblog: 美しい国への旅立ち
Tracked: 2009-05-27 20:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。