2006年10月09日

いまさら創価な話

本物の池田大作なの?

精強新聞.jpg

<安倍首相>創価学会の池田氏と会談 総裁選後に極秘で

 安倍晋三首相が先月20日に自民党総裁に選出された後、首相就任前に公明党の支持母体・創価学会の池田大作名誉会長と極秘に会談し、来夏参院選や対中関係をめぐり意見交換していたことがわかった。
 関係者によると、会談は26日の安倍政権発足以前に、東京都内の創価学会の施設で行われた。安倍首相は総裁選直後に秋谷栄之助会長に電話で就任あいさつした際、池田氏との面会を要請したという。
 席上、首相は父、安倍晋太郎元外相が生前、池田氏から厚誼(こうぎ)を受けたことに謝意を表し、参院選での公明党や創価学会の協力を要請。池田氏は「しっかり応援したい」と述べ、協力を約束したという。また、小泉純一郎前首相の靖国神社参拝で冷え切った日中関係の早期改善が重要との認識で一致。さらに池田氏は国連を中心とした平和外交の必要性にも言及した。
 首相は先月30日の公明党大会に来賓として出席した際「私の祖父の岸信介(元首相)も父の安倍晋太郎も公明党とは交友関係が深かった。何か特別な運命を感じる」と語っている。
(毎日新聞)


安倍氏、小泉氏が創価学会の池田氏と9月に相次ぎ面会

 安倍晋三首相が就任直前の9月22日に公明党の支持母体である創価学会の池田大作名誉会長と会談していたことが7日、分かった。自民党総裁就任のあいさつを名目に首相側が申し入れた。首相の祖父、岸信介元首相と学会の戸田城聖元会長が親しかったことなどが話題になり、日中関係などでも意見交換した。

 9月28日には小泉純一郎前首相も退任あいさつのため、池田氏と面会。2人が会ったのは初めてで、小泉氏は在任期間中に国政選などで公明党、創価学会から受けた支援に謝意を表明した。 (07:01)


池田大作死亡説が何度も流れてるんだけどー。まだ生きているのね?

鳥肌実の「池田大作は死にました」ってネタもまだ使えそう。

きっこの日記がアホみたいに脊髄反射してるんだけど、6年も7年も前に小渕内閣で自公政権が成立した時から、公明党の親会社である創価学会とずぶずぶの関係にあることは公然の事実。

別に小泉が望んだわけでも安倍が望んだわけでもないこと。

ましてや現在は安倍政権が誕生したばっかりだし、今月の衆院補選、来年の参議院選挙にも絶対に負けられない状況だから、カルト政党の票田でも喉から手が出るほど欲しい。自分が気に入らない糞野郎でも社交辞令でも頭を下げなきゃ選挙で負けて、政策も実現できないまま政権から脱落するのが現実問題。

安倍首相が頭を下げなきゃ、小沢一郎が頭を下げて、公明党は寝返って簡単に政権交代しちゃうだけだからね。
ま、立正佼成会にも創価学会にも頭下げてるんだけど、どっちにしろナンミョーがバックにいることには変わりはないんだよね。
だから小泉も去年の衆院選で大勝した後も公明党を切れなかった。全得票率を見たら自民党が負けていた事実を見ればそうせざるを得ない。

公明党にゃあ国土交通大臣のポストをやってJRや耐震偽装やらJALの不祥事やらのケツ拭きをやらせれば良いだけのこと。

小渕内閣の時には公明党のゴリ押しで地域振興券なんていう、前代未聞の意味不明なカネのばら撒きをやってた頃がピークなんじゃないの?
野中広務(当時官房長官)は公明党を与党に引き込むための経費だったと公言している。
野中は青木幹生に「毒まんじゅう喰った」なんて喚いてたけど、自分も毒まんじゅう食ってんじゃんw

まー村山談話にしろ河野談話にしろ、自公連立にしろ過去にしちゃった政府のアホなことを一気に変えることなんて出来ない。
四面楚歌になって、自分の政策通らないし、短命内閣に終わるだけ。
こんな下らない野党の挑発に真っ正面から釣られてしまう方が逆に心配になる。
長期政権を確立したならば、新たに安倍談話を出していただきたい。

民主党を始めとする野党の皆さんやマスコミの皆さんに国会で政教分離をネタに突っ込んで欲しいもんだ。
あれだけ靖国神社で政教分離問題を出すんだからね。突っ込みどころ満載でしょ。
いや、皮肉無しでね。

安倍首相は小泉前首相とは違うんで、同じ手法では政局は乗り切れない、まだ安倍政権の航海は始まったばかりだ。

banner_04.gif
ランキング投票ありがとうございます

イケダ先生の世界―青い目の記者がみた創価学会
イケダ先生の世界―青い目の記者がみた創価学会ベンジャミン・フルフォード

宝島社 2006-10
売り上げランキング : 549

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


池田大作「権力者」の構造
池田大作「権力者」の構造溝口 敦


おすすめ平均 star
star明確な根拠が何もない
star丹念な調査

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


創価学会の実力
創価学会の実力島田 裕巳


おすすめ平均 star
star方法論レベルから再検討が必要
star紙一重

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

カルトとしての創価学会=池田大作
カルトとしての創価学会=池田大作古川 利明


おすすめ平均 star
star日本の危険な宗教の一つ
starある一人の視点。
star・・・。
star良い人も多い創価学会ですけれど、なるほど分かりました。
star灯台下暗し。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ・HPをgoogleアドセンスに登録するだけでお小遣いが貯まる。
posted by 武悪堂 at 21:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=43174
拉致事件の解決を遅らせたのは野中広務・亀井静香・中山正輝・土井たか子...

今日だけでアメブロに映像7本も消された。
ホロン部の監視対象になってるかも。
Posted by (・∀・)! at 2006年10月14日 19:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25155743
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。