2006年10月07日

つまらないウソ

過去の反省を全くする気が無いミンス党議員。

無料パス使用発覚、細野不倫問題「改札で使って…」
証言の核心部分崩れる 直撃に「乗車には使ってない」


????〓〓〓[〓.jpg
 
 美人キャスターとの不倫旅行に、議員特権である「JR無料パス」を使用した疑惑が浮上している民主党の細野豪志衆院議員(35)。これまで本紙取材などに「(天地)神明に誓って一切使用していない」と主張していたが、後援会幹部には「駅の改札口では無料パスを使った」とまったく違う説明をしていることが、4日までに分かった。核心部分が崩れ始めた細野証言。彼の主張はウソではないのか。

 「先週末、細野本人から『(JR品川)駅の改札口では無料パスを使った。パスで駅構内に入った。ただ、新幹線の切符は後で自腹で買った』と説明を受けた。どこに(旅行に)行ったかは聞いていない」

 驚くべき証言をしたのは細野後援会の事務局長。2日午後と3日午前、夕刊フジの取材に対し、明確にこう答えた。

 写真週刊誌「フライデー」によると、細野氏とTBS系の報道番組「筑紫哲也 NEWS23」の新キャスター、山本モナさん(30)=休養中=は先月20日、JR品川駅から下りの新幹線に乗車したという。

 関西方面に不倫旅行に出かけたと伝えられるが、この際、JR無料パスを使用した疑惑が取りざたされているのだ。

細野議員  細野氏は疑惑発覚直後の29日朝、夕刊フジ編集部への電話で、「その部分は、私の政治家としての根幹にかかわる。私は公私を明確に分けている。あの時、無料パスは一切使用していない。(天地)神明に誓ってこれは事実です」と証言した。

 ところが、細野氏は後援会幹部である事務局長に対して、「駅の改札口では無料パスを使った」と、明らかに異なる説明をしていたのだ。

 国会議員には、公務や地元選挙区との往復のため、国民の税金からJR全線の無料パスが支給されている。一般の定期券ぐらいの大きさで、グリーン車も寝台車も利用できる。

 通常、指定席を利用する場合、国会が用意した「国会議員指定席・寝台申込書」に必要事項を記載し、駅のみどりの窓口や国会内のJTBで指定券を発行してもらうが、実は“裏ワザ”があるという。

 「一般の定期券と同様、改札口は提示するだけで通過できる。指定席も事前予約しなくても、空席ならば先に席に座って、車掌に無料パスを見せるだけで使える。車掌は議員名をチェックすることもない。プライベートで無料パスを使っても証拠は残らない」(与党中堅議員)

 細野氏の証言の食い違いからすると、こうした“裏ワザ”を使った疑いは拭いきれない。そこで夕刊フジは3日夕、国会内で細野氏を直撃した。

 −−無料パスに関する説明が食い違う。どういうことか?

 「私としては『(新幹線の)乗車には使っていない』という主旨で申し上げた。そうです(=駅の改札口では無料パスを使った)。ご理解いただきたい」

 不倫発覚後、わずか109字のコメントをFAXで送りつけるだけで、「これ以上、申し上げることはない」と開き直る人物の口先だけの釈明を、一体、どうすれば理解、信頼できるのか。

 きちんとした証拠を示して、有権者に説明責任を果たすべきだろう。
(zakzak)

ミンス党グダグダの歴史


1999年
菅直人党政調会長(当時)
テロ朝女性アナウンサー戸野本優子(当時31)と不倫疑惑を週刊文春にスッパ抜かれる。
菅直人「一夜は共にしたが、男女関係はない」とのつまらないウソ。
こりゃおじさん一本取られた.jpg

2004年
古賀潤一郎衆議院議員
同じくスキャンダルで塗れたエロ拓こと自民党山崎拓に選挙区で勝利し議員となる。学歴詐称疑惑が持ち上がるが、「弁護士を通じて卒業証書を受け取ったが、紛失し、弁護士の名前も忘れた」とつまらないウソ。
アメリカへ豚走し、ありもしない卒業証書を求める旅へ出る。
ミンス党を除籍。議員辞職へ

??????〓.jpg

2006年
永田寿康衆議院議員
平成最大の釣り事件永田メール事件。
初期段階で陳謝しておけば、もしかしたらクビは免れたかもしれないのだが、「メールの信憑性は高い、口座名義、口座番号を公開する」とつまらないウソ、結局証拠は出せず、挙げ句の果てには「どうしたら証拠と認められるのか、知恵を貸してください」
自身の議員辞職だけでなく、野田国対委員長、前原代表の首を飛ばす。

〓〓??????.jpg

banner_04.gif
ランキング投票ありがとうございます
ブログ・HPをgoogleアドセンスに登録するだけでお小遣いが貯まる。
posted by 武悪堂 at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民主党
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。