2006年07月30日

過剰の演出?過度の反応?

真摯な態度で向かい合う姿勢も無い。謝罪するつもりも無し。
事の重大性にも気付いていない。
反省の色無しか…

過剰な演出、過度の反応=荻野祥三

 自慢出来る話ではないが、私の机の周辺を含めて、マスコミの職場は雑然としている。部外者が見たら驚き、伝える情報の信頼度が落ちるのではないかと反省する。

 テレビ局の報道セクションも同様で、写真や図表が載ったフリップ、イラクや北朝鮮の立体模型などが部屋の片隅に散乱している。小泉純一郎首相の人形だって、他の小道具と一緒にガラクタ寸前だ。これが戦前だったら大問題になるかもしれないが、幸いその当時はテレビがなかった。

 TBSがニュース番組で放送した旧日本軍の「731部隊」に関する部分で、ニュースと関係のない安倍晋三官房長官の写真パネルが映ったことが問題になっている。そのシーンは冒頭の数秒。カメラが電話で取材中の記者に接近する。その時、“ガラクタコーナー”にあった安倍氏の写真が映った。

 騒ぎになってから見ればそうかと思うが、放送された21日に見た一般の視聴者は気づかなかった人が多いだろう。TBSも局内でチェック出来なかった。しかし、映像が安倍氏の知るところとなり、官房長官会見で「意図的になされたものであるとすると、恐ろしい」との発言が出た。

 「731部隊」のニュースを見たが、出来がよくない。他にも本筋と関係のない映像がでてくる。例えば常石敬一神奈川大学教授へのインタビューシーンでは、バーのごとく並んだ酒瓶が映る。場所がどこであるかの説明もない。夕方のニュースにありがちな「演出過剰の作り」が、「731部隊」のようなテーマにも波及しているのか。

 安倍氏がテレビ報道に意見を言う自由はあるが、次期首相最有力と言われる政治家が、本気で抗議するような内容ではない気がする。過剰な演出。過度の反応。両者の自制が求められる。

毎日新聞 2006年7月29日 東京夕刊


くだらない言い訳ですな。
こんな駄文で紙面を汚すって新聞記者としてのプライドはあるのでしょうか?

プロのテレビマンならサブリミナルやそれに疑われるような演出に関する知識は最低限持ち合わせているはず、あの映像の冒頭部分をチェックして見逃したのならば、テレビマンを即刻辞めてもらいたい。

>放送された21日に見た一般の視聴者は気づかなかった人が多いだろう。

サブリミナル効果というものは視聴者に分からない様に潜在意識にイメージを植え付けるものだから、この記者の言っている事に知識や危機意識などといったものは全く感じられない。

気付かないから恐ろしいんだよちっ(怒った顔)

>安倍氏がテレビ報道に意見を言う自由はあるが、次期首相最有力と言われる政治家が、本気で抗議するような内容ではない気がする。

大会社が組織的に個人を攻撃しておいて、「大人げないから抗議するな」だって。
犯罪的放送局TBSを擁護する関連新聞社のモラル意識なんて知れてるなー。共倒れしろ。

毎日新聞?潰れても誰も気付かないランキングへ


ブログ・HPをgoogleアドセンスに登録するだけでお小遣いが貯まる。
posted by 武悪堂 at 16:51 | Comment(1) | TrackBack(1) | 朝日・毎日新聞
この記事へのコメント
毎日の意見陳述ご苦労様です。
私も以前は怒り心頭でしたが、最近はテレビを見ないことにしています。ラジオが一番です、テレビなんて電気代がもったいないです。どうせ大した論評もなく、ひどいですね、困ったものですね、政府は何して居るんですかねぇ、野党は憲法9条が日本の平和を守ったと言っています...私はどっち応援するかはスポンサー様の言うとおりです...と言ったところで御座いましょう。今後とも報道系統の疑問点はドシドシ言って下さいまし、影ながら応援してます。敬具
Posted by nioumon3 at 2006年07月31日 19:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

TBSがまたやった〜安倍長官と旧731部隊一緒に放映〜
Excerpt: TBSがおわび、安倍長官と旧731部隊一緒に放映2006年07月26日13時07分  TBSは26日、同社の報道番組「イブニングニュース」が21日の放送で旧日本軍731部隊の映像を扱った特集の一..
Weblog: Here There and Everywhere
Tracked: 2006-07-31 10:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。