2006年07月24日

福田康夫の嗅覚

疑惑の昭和天皇ご発言とされる富田メモがマスコミから発表されて直後の電撃不出馬表明

麻生氏「よほどニュースない」・福田氏の不出馬報道で

 麻生太郎外相は22日、横浜市内で記者団に、福田康夫氏が9月の自民党総裁選に出馬しない意向を表明したことについて「(総裁選に)『出る』と言った人が『出ない』と言ったらニュースになるが、『出る』と言ってない人が『出ない』と言って、ニュースになるのが不思議だ」と指摘したうえで「よほど各社ニュースがないと思っている」と述べた。

これで加藤紘一、山崎拓、古賀誠なんかの売国政治家の野望が脆くも崩れ去った。
所詮、福田氏も森派だしね。大きな理由は派閥を分裂させてまで他の派閥を利する事も無いという事だと思う。
逆に言えば人の良い旧宏池会や旧橋本派は総裁選直前までおとりの福田康夫に引きつけられてはしごを外されたのかもしれない。いまから新しい候補者を擁立するのも難しい。
全ては森、小泉、福田、安倍の手の平の上で踊っていたのかも?
そうだとしたら加藤紘一、山崎拓の必死な姿は滑稽で面白い。

福田康夫は嫌いだが、この人の情報収集能力はスゴいと思う。
かつて芸能人や政治家の年金未納問題がマスコミで大きな問題になったが、赤狩りの様に次々に政治家の名が上がり、民主党代表の菅直人が未納リストに上がって真相が追求され始めたとき、さっさと官房長官を辞めてしまった。
元々小泉首相との溝も深まっていたし、野党代表に辞任要求突きつけられるし、政府も守れるし、飛車角両取りでもお釣りが来るような最高の一手を打った事は記憶に新しい。しかも菅直人は無実の罪だったw


今回も森派の多数派工作が出来ないと見ると、勝てない戦はしないとさっさと撤退。
想像もしたく無いが徳川家康の様に長生きして虎視眈々と総裁の座を狙うのかもしれない。

さらにとどめは昭和天皇富田メモ福田の援護射撃として経済界か支那、媚中派政治家メディアが仕掛けてきたものだろうが、福田康夫はこのメモに巻き込まれると第二の永田寿康になり総理どころか政治生命、人間性自体を断たれる可能性があると見切ったのだろう。

ある意味福田康夫は評価出来るな。ま、このまま政治の中枢から退場してくれればの話だけど。

やっぱり麻生太郎総理大臣に期待しちゃうなーと思ったらクリックランキングへ


ブログ・HPをgoogleアドセンスに登録するだけでお小遣いが貯まる。
posted by 武悪堂 at 23:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | 国賊
この記事へのコメント
今回の冨田メモ騒動でも麻生太郎さんの発言は際立って男前でしたよね。
ホンマにまじで次期総理になってくれへんかなぁ〜〜〜。いや、ホンマのホンマのまじで思います。
Posted by マチコ at 2006年07月25日 00:41
谷垣もアホすぎてあきれるわ。
Posted by worldwalker (・∀・) at 2006年07月31日 02:47
谷垣は確実に支那にチ○ポ(規制かかるw)握られてんだろうね。福田はパンツまで言ってないんだろうw
Posted by 武悪堂 at 2006年07月31日 22:43
はじめまして,ブルーフォックスと申します.
本題からそれて申し訳ありませんが,私は雅子皇太子妃殿下そして東宮ご一家の有り様に皇室の将来を案じ,サイトを立ち上げている者です.

http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list

両陛下や秋篠宮ご一家がご皇族としてのお勤めを立派に果たされているのに対して,雅子皇太子妃殿下は長期に渡り祭祀や公務を休み続けている一方で,静養や私的外出には海外にでも行かれると言った不可解な振る舞いをされ続けています.

国民の中からはこうした妃殿下へのお振る舞いに疑義が上がってきていますが,それをも“ご病気”を理由に擁護し,のみならずそれ以後の議論を封じ込めようとする空気が保守にも左翼にもあります.

しかし,妃のお振る舞いには“ご病気”であることを差し引いてもなお不可解なことが少なからずあります.
例えば皇太子御一家で妃殿下の母方祖父・江頭豊氏(水俣病の大罪人)の葬儀に参列したことです.
しかもこれは,次代の両陛下が水俣病に今尚苦しむ方々の心を無視したことと言わざるを得ません.

また,雅子妃やお父上・小和田恒氏の思想には,かなり反日的・左翼的なものが見え隠れしています.
(詳しくは以下を)
http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/108472/

http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/111808/

このままでは悠仁親王殿下ご生誕で皇位継承はひとまず安泰どころか,次代徳仁天皇陛下の御世にご皇室の権威は失墜してしまいます.

この事態に左翼らは、雅子妃殿下のお振る舞いをご皇室の権威失墜に利用しようとうごめいています.
しかし保守の側はこの問題に関してあまりにも消極的です.この問題を故意に無視したり,東宮ご一家を盲目的に信じていたり,あるいは東宮ご一家を批判する者は全て左翼の工作員としか見なかったり.

(先日はさらに,皇室にはあるまじきこととして,高円宮承子女王殿下の皇室スキャンダルがスクープされました.
そのことに対しても,保守系のサイトはほとんどが沈黙してしまっております.)

保守派の皆様,こうした問題から目をそむけていていいのですか?
日本と日本人をお守りすべき次代の皇后陛下が反日的・左翼的な思想をお持ちになる,という,あってはならない事態
たとえば維新政党・新風様や,ネット連合新風連の皆様は,この問題をどのようにお考えなのでしょうか?
東宮問題解決に立ち上がりましょう!

※あちこちに伺っていますのでもしかしたらこちら様に伺うのを忘れるかもしれませんが,今後とも,拙サイトともどもよろしくお願いいたします.


Posted by ブルーフォックス@東宮問題解決へ保守派は決起せねばならない at 2007年02月14日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21287462
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。