2006年07月14日

支那包囲網

支那使えねーw、どーすんの、どおーすんのよexclamation×2

日本は外交下手?国連で孤立している?いつまでもイニシアチブが取れない?
日本のワイドショウやマスコミは日本の孤立を煽っているが、
外交失敗してんのは支那の方でしょw

「ゼロ回答」中国窮地 北朝鮮とミサイル問題協議 訪中のヒル氏帰国へ

 【北京12日傍示文昭】米国のヒル国務次官補は12日、中国側との協議を通じ「北朝鮮に態度の変化は見えない」と失望感を表明し、13日に帰国することを明らかにした。北朝鮮ミサイル発射問題の打開に向け、中朝協議の行方を注視してきた国際社会が中国の「北朝鮮カード」に見切りを付けるのは時間の問題とみられる。瀬戸際外交を続ける北朝鮮と同様に、同国への強い影響力を誇示してきた中国外交も瀬戸際に追い込まれた格好だ。

 「北朝鮮は孤立の道を歩みたいようだ」「私はあすワシントンに帰る」―。12日午後3時(日本時間同4時)前、北京市内のホテルで大勢の記者に囲まれたヒル次官補は、約30分にわたって質問に答えた。時折笑顔も見せたが、その表情には明らかに疲労と失望が見て取れた。

 ライス国務長官の指示を受け11日、訪問先の東京から急きょ予定を変更して再び北京入り。10日から平壌入りしている中国の武大偉外務次官と北朝鮮側との交渉の情報収集に奔走した。6カ国協議を通じ、北朝鮮外交のかたくなさを身を持って知っているだけに「楽観はしていない」と語ってきたが、「何の変化もない」という“ゼロ回答”に、落胆の色は隠せなかったとみられる。

 「ミサイル発射の凍結や6カ国協議への復帰は無理でも、中国が呼び掛けている6カ国協議非公式会合に関しては、何らかの反応があると期待していたのでは」。北京の日本外交関係者は、ヒル次官補の失望の真意をこう分析している。

 一方、説得工作難航で追い詰められた格好の中国政府は「外交努力は時間がかかり、辛抱強く行わなければならない」(外務省報道官)と強調する。中国国営メディアは武次官の訪朝を一切報道せず、説得工作についても沈黙を保っている。

 「交渉で仮に何らかの成果があったとしても、時間を稼ぐため当面は公表しないのでは」(日本外交筋)。こうした憶測も流れる中、ヒル次官補は「(武次官は)まだすべてのアポイントメントがかなっていない」と指摘し、引き続き説得工作に期待をつなぐ意向も表明した。

 中国の北朝鮮外交はどこまで追い詰められているのか。その真相を推し量るには、まだ時間がかかりそうだ。
 =2006/07/13付 西日本新聞朝刊=


攻撃能力を持たない軍備と拒否権の持たない日本が国連の中でイニシアチブ外交が出来るわけがない。今回もたまたま安保理の非常任理事国に入っているから主張出来ているし、そんな限定的な権利でこれほどのイニシアチブを持てた外交は初めてなんじゃないの?

とりあえず日米は法的法則力を持った制裁案でハードルを高くして中露に突きつける。ロシアはあんま動いていないから単にイランとかの政治的利害関係で追随しているだけ。責任負ってまで拒否権発動はしないでしょ。

支那は議長声明案を出して必死に時間稼ぎ。支那、韓国は北鮮に利権を持っているし、難民流出が怖いので崩壊して欲しくない。韓国にはもちろん戦争の恐怖もある。
フランスは議長国だからなるべくまるっと治めたいんでイギリスとともに支那案に乗っかった。
でも、日米は何の保障も無く支那案呑むわけないから、支那に何日か待ってやるから責任持って北鮮のケツもてとプレッシャー。
支那は事実上北鮮にミサイル発射停止と六カ国協議へ参加の責任を持たなくてはならなくなった。
日米は土産を出すつもりは無いが、北鮮はどうせ金融制裁解除だとか金出せとか支那に対して条件を出してゴネられる。北鮮にとってはゴネル相手は必ずしも米国日本でならないわけはなくどこでもいい。
物資援助はともかく金融制裁解除は支那にもどうにもならんから。支那の影響力は及ぶべくも無く、ただ日米と北鮮の狭間で身動きが取れずに悪あがきをするしかない。
韓国なんかは相手される隙間すらないw

支那が陥った罠
○支那が北鮮のケツを持つから非難決議にしてくれと土下座して非難決議に落ち着けば、支那は北鮮のミサイル、核実験などの行動に対して責任を担保しなければならなくなる。次北鮮がミサイル実験(予告があったとしても)をした場合、支那は顔に泥を塗られたあげく、制裁に応じざるを得なくなる。
○支那が拒否権を発動した場合、支那は核保有している軍事独裁国家北朝鮮と一蓮托生である事を世界にアピールする事となり、北鮮が再度ミサイル実験を行った場合、北朝鮮だけでなく恥をかかされた支那も安保理常任理事国として責任を追及される事になる。
日本は対支那向けODA終了の前倒しを検討。反北京五輪キャンペーンの検討に入る。
○支那、露が棄権した場合、日米の提出した法的拘束力を有する制裁決議が発効され北鮮が再度ミサイル実験をした場合、北朝鮮は国際的に締め上げられる。支那は北朝鮮に対する外交のイニシアチブを低下させる。
万一、支那が制裁発動した時に協力しなければ、日米は国連で有効なカードを永遠に持ち続ける事になる。


「中韓露と日頃から仲良くしていれば、違った展開になっていたのかもしれません。」だって?
ふるたちー、ちくしー、確信犯だろうが、んなわけねーだろー。

北朝鮮内部でも労働党や軍幹部よりも中朝国境の商人の方が稼げる様になったという分析がある。

これが正しければ、北鮮政府に直接上納される偽札、麻薬、偽タバコ、ミサイル輸出、パチンコ、脱税などによる日本からの送金、などに対する金融制裁は厳しく取り締まる。さらに万景望号入港禁止で将軍用の日本製物資輸出禁止。
それによってキツくなった部分は北鮮は支那や韓国にたかるだろうがそれを払うかどうかは彼の国の勝手。日本の腹は痛まない。
支那からの貿易が盛んになれば中朝国境の貿易が盛んになり、支那から資本主義が流入して社会バランスが崩れていく。

こりゃ中共は非難出来ないだろうねー

台湾も9月にミサイル発射か、米国は強い関心
 
  台湾の中山科学研究院が弾道ミサイル「雄風3」の開発を進めており、9月にも試射を実施する予定だという。6日付で東方網が伝えた。

  「雄風3」の射程は約600キロメートル。北は福建省・福州市から、南は広東省・南澳県までが射程圏内に入る。誤差の範囲は50センチメートル足らずだという。推進システムと誘導システムは完成しているもよう。米国は台湾に対して「強い関心を持っている」と既に伝えた。

  台湾の軍関係者によると、次の目標は中国大陸からの弾道ミサイルに反撃できるようシステムのレベルアップをはかることだという。台湾の国防部では06年9月に陳水扁総統を迎えて、屏東市にある九鵬基地でミサイルの試射を行う予定。


インド、ミサイル発射 人工衛星も相次ぎ失敗

 【シンガポール=藤本欣也】インドは9日、核弾頭搭載が可能な長距離弾道ミサイル「アグニ3」の発射実験を初めて実施した。中国中部を射程に入れるミサイルだが、目標地点まで到達せず、実験は事実上失敗した。また、10日には通信・放送・気象観測用の人工衛星を搭載した最新式ロケットを打ち上げたが、これも大気圏内で空中分解し失敗した。
 相次ぐ打ち上げ失敗により、インドの軍事・宇宙技術の開発に遅れが出る可能性がある。
 報道によると、アグニ3は9日午前、インド東部オリッサ州沖の島から発射されたものの、設計上の問題からミサイルの一部の切り離しに失敗し、ベンガル湾に落下した。パキスタンには両国の取り決めに従い、事前通告された。
 アグニ3は長さ16メートルの2段式で、射程3500キロ。発射装置は鉄道や車両で移動可能とされ、インドがアグニ3の開発に成功すれば、ニューデリーから約3800キロ離れた北京を射程に入れるミサイル配備に道を開くことになる。
 中国はインドの主要都市を射程に入れたミサイルをチベット自治区に配備しているとみられ、インド側にとっては中国に対抗するための核抑止力の整備が急務だった。
 アグニ3はいつでも発射実験が可能な段階と報じられていたが、インド政府は、米国議会でインド向け原子力協力に関する法案が審議中だったことから実験を延期。6月末に上下両院の委員会で法案が可決され、法案成立に向け前進したことで実験に踏み切った。
(産経新聞)

支那、露が北鮮のミサイル実験を野放ししたお陰で、台湾、インドのミサイル開発が着々と進められ、アジアの軍備拡大は広がりを見せる。
もちろん日本もミサイル防衛、弾道ミサイル配備のカードをちらつかせる。


じたばたすんなよ支那ランキングへ

外交敗北――日朝首脳会談の真実
外交敗北――日朝首脳会談の真実
重村 智計

関連商品
自壊する帝国
世田谷一家殺人事件―侵入者たちの告白
ウルトラ・ダラー
日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く
旅の極意、人生の極意
by G-Tools


中国、核ミサイルの標的
中国、核ミサイルの標的平松 茂雄


おすすめ平均 star
star中国の恐るべき一貫性
star中国がミサイル防衛に反対する理由
star近い将来、中国は台湾に侵攻するか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

中国はいかにチベットを侵略したか
中国はいかにチベットを侵略したかマイケル ダナム Mikel Dunham 山際 素男


おすすめ平均 star
starこのような侵略を誰が止めるのか
star中国の拡張主義を許すな
star中国はチベットを併合する。
star中国に侵略されたチベットの実態を直視
starこれが中国の正体である

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これが中国の国家犯罪だ
これが中国の国家犯罪だジャムヤン・ノルブ 戸根 由紀恵


おすすめ平均 star
star恐るべき中国の実態
starスクラップブック。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

中国は日本を併合する
中国は日本を併合する平松 茂雄


おすすめ平均 star
star反日国家の正体見たり!
star根拠が乏しく的外れの結論
star時すでに遅しか?とにかく読んで下さい
star一度は読むべき本
star危機意識欠乏民族

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ・HPをgoogleアドセンスに登録するだけでお小遣いが貯まる。
posted by 武悪堂 at 00:06 | Comment(5) | TrackBack(2) | 支那
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
>外交失敗してんのは支那
その中国の案に沿って、英仏が修正案を出したら、きっちりまとまりましたけど(笑)。「孤立」させるのは無理だってわかりませんかねえ。
北なんぞいつでも切り捨てられるんですよ、中国はね。
そもそも北に関心ありませんから、世界は。イスラエル・イランのほうがはるかに重要だし。
この国は絶対過小評価してはいかんのです。ソ連やアメリカとやりあってきた国です。ブラジルと日本のサッカーぐらい、外交力の差はある、と考えないとね。
Posted by 虎哲 at 2006年07月16日 09:56
コメント有り難うございます。

>その中国の案に沿って、英仏が修正案を出したら、きっちりまとまりましたけど(笑)。

拒否権も核もミサイルも持たない日本にとって、支那がどの選択肢を選ぼうが事実上の勝ちだと言ってるんだが…
外交に一方的な勝ちってのはないがね。
私は非難決議可決でも支那に拒否権発動させてもどっちでも良かったと思う。むしろまとまった方が個人的には良かったと思う。

>「孤立」させるのは無理だってわかりませんかねえ。

結果見て言われてもしようが無いが、北鮮が再度ミサイルを撃つとか、核実験をした後に
言って下さい。
ちなみに支那を孤立させてるとは言ってないゾ。

>北なんぞいつでも切り捨てられるんですよ、中国はね。

北を切り捨てるという意味が分かんない。崩壊させてもオッケーってこと?

そんじゃなんで支那は北鮮への利権を広げてるのよ。日本のODAのカネだからパーになってもいいかもしれんが。
難民流出はどうすんの?数十万人ブチ殺すのは支那のお家芸だからやるかもしんないけど
w、日米にとってカードが増えるだけ。
でもあなたの言う通り支那が北鮮をさっさと切ってくれる事を祈るよ

>そもそも北に関心ありませんから、世界は。

日本も北鮮に関心はありません。相手にして欲しいからミサイルぶっ放したんでしょ。

>そもそも北に関心ありませんから、世界は。イスラエル・イランのほうがはるかに重要だし。

イランはすでにイエローカードで安保理に付託されて制裁決議出るんじゃないの?全会一致で。支那、露、英仏はイランを止める事が出来なかった。
イスラエルは支那、露でさえアンタッチャブル。
Posted by 武悪堂 at 2006年07月16日 19:58
ご返答どうもです。
>むしろまとまった方が
おっしゃるとおり。日本にとってよい結果だったことは確かです。
>北鮮が再度ミサイル
だから、その段階でも北だけが追い込まれるという話。
>崩壊させても
ここが難しいのですが、崩壊した後にどこがかの地を引き受けるか、というとき、韓国の力では到底持ちこたえることはできません。国として併合することはできても、始末は各国が関わってくることになる。
中国は朝鮮族の居住地を抱えてますから、場合によっては北を経済的に取り込む可能性もある。
「突然」崩壊されたら困るわけで、「崩壊」自体はもう想定していると考えられます。ただし時間を引き伸ばす方策は採る。
そんなとこでしょう。
>北鮮に関心
だったら、制裁もなにもいらんでしょう。
>イラン
ここは北とは全然違いますよ。ペルシア以来の大国です。味方もいっぱいいます。
だから世界にとってより重要な課題になるんです。
長々すいませんでした。
Posted by 虎哲 at 2006年07月17日 00:24
いや、イラクもチグリス・ユーフラテス文明以来の大国だったんだけど…
アメリカ帝国にとって、国連決議自体あまり重要でない事はイラクで証明済み。

>北鮮に関心
だったら、制裁もなにもいらんでしょう。

日頃、北鮮には関心事はない、しかし国際秩序を守る為にルール違反は釘を刺しておかなきゃなんない。

>北鮮が再度ミサイル
だから、その段階でも北だけが追い込まれるという話。

支那の外交の影響力が低い事を示す事は間違いないでしょう。

 
Posted by 武悪堂 at 2006年07月17日 01:22
>>支那の外交の影響力

彼らは土壇場で安保理決議に不本意な賛成を余儀なくされるという、大恥かきました。

一方、日本は強制力を伴う7条を削除されましたが、8割方得るものは得たので、珍しく「外交的勝利」をしたと言えます。
これは外交ではじめから「譲歩」を口にする弱腰姿勢は禁物だという事が日本人にもよく理解できたと思います。

相変わらず一部マスゴミでは中国の影響力とやらに期待している連中が戯言を吐いていますが、アメリカのヒル次官補が中国の北朝鮮派遣特使の話もろくすっぽ聞かずに北京を離れたのを見れば支那の「影響力行使が失敗」したことは明白。
そろそろ、支那も金豚王朝を倒す事を模索し始めことになるかもしれませんね。

それとただいまココのブログでサヨクとガチンコ勝負中ですんでよろしければ覗いてみてください。

権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!
http://panta.tea-nifty.com/blog/

安倍攻撃に必死だなサヨタソ。
マスゴミと権力がグルになって〜グンクツの幻聴が聞こえる(ww
って方々。
けっこう彼らのステキ発言が炸裂してます。
Posted by 竹島島民 at 2006年07月17日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

外交には多角的戦略を
Excerpt: 「日本案反対」で妥協せず=6カ国維持??安保理団結理由に??中国  “中国外務省の姜瑜副報道官は13日の定例記者会見で、中ロ両国が北朝鮮のミサイル発射を受けて独自の対北非難決議案を国連安保理に提出し..
Weblog: 画龍☆天晴
Tracked: 2006-07-16 03:33

■進展無し!?
Excerpt:  まるまる一週間の時を空け、何の進展も見られない現状。原稿中ずうっとTV報道に突っ込み通し。頷けたニュウスは二つだけでした。  ・与党内足並み乱れ 防衛庁長官の「敵地攻撃」発言めぐり  ・「ミサ..
Weblog:  ◆ ケシクズ ◆
Tracked: 2006-07-16 10:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。