2006年06月23日

司法の無気力

光市母子強姦殺害事件
高裁判決を破棄、差し戻し。

最高裁は高裁判決を破棄し、差し戻したが、自ら判決を下す責任からは逃げた。本村氏はさらに高裁で一から裁判に向かい合わなければいけない。

本村氏はさらに数年間煉獄につながれるに等しい。
加害者家族、最凶弁護士軍団は言いたい放題。
司法は新たな悲劇、被害者を作ることになった。

死刑判決は間違いないと信じているけど、一刻も早い死刑確定を望む。





どっちが被害者なのか分からない開き直った態度
福田孝行の母親はなぜ自殺に到ったのだろう?

法律が世論によって左右されるべきものではないと思うけど、凶悪犯罪、少年犯罪については裁判所と一般社会との感覚が余りにも乖離していると思う。判事は裁判所のメンツと判例の枠の中で身動きをとらず法律を弄んでいるだけ。

いったい法律って誰のものなんでしょう?

福田孝行のオヤジの発言(ソース不詳)
「本村さんも新しい女性と再婚すればいい」
「加害者家族の会を作りたい」



人権を犯す人権弁護士稼業

人気ブログランキング.png
ランキング
天国からのラブレター
天国からのラブレター本村 洋 本村 弥生

おすすめ平均
stars感動しました。離れていても3人家族です。
starsどうして3人の幸福を奪った犯人が実質懲役7年なのか
starsどうして
stars弥生さんの愛があふれています

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

少年にわが子を殺された親たち
少年にわが子を殺された親たち黒沼 克史


おすすめ平均 star
star二重の苦しみ
star実録、遺族達の戦い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

DEATH NOTE (1)DEATH NOTE (1)
大場 つぐみ 小畑 健

DEATH NOTE (2) DEATH NOTE (3) DEATH NOTE (4) DEATH NOTE (5)    ジャンプ・コミックス DEATH NOTE (6)    ジャンプ・コミックス

by G-Tools


ブログ・HPをgoogleアドセンスに登録するだけでお小遣いが貯まる。
posted by 武悪堂 at 02:14 | Comment(1) | TrackBack(2) | 事件・犯罪
この記事へのコメント
母を自殺に追いやったのも
息子を犯罪者に育ったのも、
あの父じゃ仕方ないですね。
 
TBさせてください。
Posted by ゆかり at 2006年06月24日 10:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19693559
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

光市母子殺害事件、最高裁は二審の無期判決を破棄、裁判の迅速化って?本村洋さんの苦悩の日々はまだまだ続くの?
Excerpt: 『山口県光市で99年、主婦(当時23)と長女(同11カ月)を殺害したとして殺人罪などに問われた元少年(25)に対し、最高裁第三小法廷(浜田邦夫裁判長)は20日、無期懲役とした二審・広島高裁判決を破棄し..
Weblog: 40代の私にとっての最新情報・重要ニュース
Tracked: 2006-06-23 11:18

少年の殺人
Excerpt:     Fan登録しているブログの死刑制度についての記事を読んでいて 無視できないTBを見付けてしまいました。 「罪を憎んで人も憎むの?」というタイトルの 山口県光市の母子陵辱殺..
Weblog: 淑女の裏の顔
Tracked: 2006-06-24 10:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。