2006年01月27日

ライブドアホリエモンのお墨付き

ホリエモンを選挙に担ぎだし、ホリエモンが次期総理に推薦した男。それが
二階俊博経済産業大臣です。正真正銘どこからどう見ても国賊です。

■東シナ海ガス田問題、二階経産相「試掘の道取らない」


 二階経済産業相は14日、東シナ海の天然ガス田の開発を巡り、日本側が中国に対抗して
試掘に着手する可能性について、「日本も出て行って景気よく試掘をやったらいいという人も
いるが、私はその道は取らない」と述べ、日中衝突の恐れもある強攻策を避け、話し合いで
解決すべきだとの考えを明らかにした。

 和歌山県日高町で開いた「1日経済産業省in和歌山」で発言した。

 二階経産相は「運輸相をやった経験から、日本の海上保安庁、自衛隊がどれほどの能力
を持っているか知っている。いきなり衝突することを考えても、問題は解決しない」と話した。

 経産省は昨年7月、「日中中間線」の日本側鉱区で帝国石油に試掘権を付与したが、共同
開発などについて日中の政府間協議が続いており、まだ試掘には着手していない。

(2006年1月14日19時57分 読売新聞)


国賊二階.jpg

試掘をやるやらないは別にして、やるかも、やる準備はあると見せておくことが外交カードというもの。そんなことはド素人の私でも分かります。

中川前経済産業相は支那を相手に東シナ海ガス田という外交カードを築きつつあったのだが、これでその苦労も水の泡。むかっ(怒り)

これはガス田、資源の問題というより領海の既成事実の積み上げとしての意味の方が大きい。

既に日本国は北方領土をロシアに竹島を韓国に不法占拠されているが、今までの日本政府、外務省が放置していたために既成事実が積み上げられ事実上日本の手から離れてしまっている。

一度、認めてしまった既得権を奪い返すことは多大なる時間と労力を要する、究極的には戦争でしか覆すことは出来ないだろう。

マスコミや野党は武部や竹中を批判しているが、二階俊博はほとんど批判しない。
先の衆議院選挙で候補者擁立の責任者だったのは二階。本来なら彼が責められなくてはならない。
因みに郵政法案特別委員会の委員長だったのも二階。

彼の派閥である二階グループは15人と小さいながら衆院選では倍増と力を付けている。

世間一般ではほとんど知られていないかもしれないけど、
ライブドアホリエモンも総理に推薦した媚中売国奴、二階俊博の動向非常に重要。
今後も監視していかなければ、国益をごっそり支那に持っていかれるだろう。

関連リンク
支那の支配者、江沢民の記念碑を和歌山県に作ろうと画策した武勇伝
新年から不機嫌な話題
美人局?

小泉サプライズ内閣

banner_04.gif
ランキング投票ありがとうございます




中国こそ逆に日本に謝罪すべき9つの理由―誰も言わない「反日」利権の真相中国こそ逆に日本に謝罪すべき9つの理由―誰も言わない「反日」利権の真相
黄 文雄

中国が死んでも日本に勝てない7つの理由 中国が葬った歴史の新・真実―捏造された「日中近代史」の光と闇 中国の日本潰しが始まった 捏造された昭和史 それでも中国は崩壊する

by G-Tools


ブログ・HPをgoogleアドセンスに登録するだけでお小遣いが貯まる。
posted by 武悪堂 at 00:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 国賊
この記事へのコメント
二階以外なら一階でも三階でも四階でもいい。でも二階だけはダメ。理由は二階が江沢民のイヌだから。
Posted by worldwalker at 2006年01月28日 16:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12279793
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。